友達に開店祝いの花を贈る

友達がこのたび飲食店をオープンすることになりました。場所は大阪の福島ということで飲食店の激戦区になります。

心機一転新たなお店を開店させるわけですから、友達には頑張ってほしいと思います。私自身開店祝いについてのマナーや花の贈り方について全く知りませんでした。

なのでかなり不安な部分があるのですが、アフィリエイターということでせっかくなので勉強してみました。

開店祝いの贈り物とは

友人や知人の人が開店するとなれば「おめでとう」とすぐに伝えるようにしましょう。自然と出てくるものですが、直接出向いておめでとうと伝えるのがマナーのようです。

親しい仲であれば開店祝いの贈り物も持参していくべきです。しかしやはり大事になってくるのは気持ちだと私は思います。

贈り物としては縁起物が一般的になっています。招き猫や時計や花が一般的な開店祝いの花のようです。私の場合は花をチョイスしました。

花の種類は多いのでどれにしたらいいのかよく分からないと思います。開店祝いの花としておすすめなのが、胡蝶蘭かスタンド花です。

スタンド花は非常に豪華に見えます。胡蝶蘭は鮮やかですし、開店祝いの花としてもっとも多く送られている花です。

お店の外に置く場合もありますのでインパクトのある花で歩いている人にアピールすることができます。オーナーにとっては嬉しいことでもありますのでこのような点も考えて胡蝶蘭かスタンド花がおすすめです。私は胡蝶蘭にしました。

開店祝いに贈ってはいけないもの

開店祝いにも贈ってはいけないという物があります。それは火を連想させてしまうようなものです。

赤いものはとにかくよくありません。ライターや灰皿などもちろんマナー違反です。

赤いものや火を連想させてしまうので縁起が悪いです。注意しましょう。

開店祝いを贈るタイミング

開店祝いを贈るタイミングについてですが、少し前までは開店日の午前中に到着するように届けるのが一般的でした。

しかし開店日当日の午前中はお客さんなどでお店が忙しいと考えられるため開店日の前日に届けるようにするのがいいようです。

お店側もキレイに花や贈り物を飾りたいと考えるため、前日から届けば準備することもできます。どちらにせよお店側には連絡を入れておきましょう。

開店祝いの花

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ